Top>過去の活動
過去の活動

●荒浜狐塚市民農園(2012年4月〜2014年4月)

荒浜狐塚農園は、荒浜集落営農組合(現:農事組合法人せんだいあらはま)と協力してオープンした市民農園です。 当時、津波によって町そのものが壊滅した荒浜住民は仮設住宅で生活していました。 入居者のほとんどは、被災前、荒浜で畑づくりをしており、仮設住宅でコンクリートに囲まれた生活では生きがいを失い閉じこもりがちになる心配がありました。そこで、被災者のやりがいづくり・生きがいづくりと引きこもり防止、さらにコミュニティの結びつきづくりのために行っていました。

大変好評で2012年と2013年は20区画を超えて利用がなされており、ReRootsも1区画をお借りしていました。 2014年になり、圃場を大規模化する整備や県道のかさあげ工事の開始に伴い、役割を終えました。 現在は三本塚市民農園を開設しています。

↓活動の様子↓

●田んぼプロジェクト

市街地にお住まいの方や東部沿岸地域の方を参加者の対象とし、田植えから稲刈り、食べるところまでを地域の農家さんと共同で実施した企画です。

コメ作りのお手伝いをすることで、津波被害をのりこえ、コメ作りを再開された地域の農家さんを応援するとともに、若林区の魅力を感じ、若林区のファンになってもらうことを目的としました。 このプロジェクトを通して、地域の農家さんに参加者さんも消費者の対象であることを知っていただき、消費者を意識した生産のきっかけとなることを目指しました。

↓活動の様子↓

●ひまわりプロジェクト

ひまわりプロジェクトは津波の被害が甚大だった若林区沿岸部の景観再生、被災地外からの人の往来を作ること、さらに地域のコミュニティ再生のきっかけづくりを目的として始まりました。 景観は被災住民の心象風景であり、それが津波によって失われてしまったことは、地元に来るだけで寂しさを覚えるものでした。 そこで、もともと町内会の美化活動としてとりくまれていた美観形成のためにひまわりプロジェクトをスタートすることにしました。

種は福島県の障がい者支援を行っているNPO法人シャロームから提供していただき、ReRootsがひまわりを育てて、収穫した種をシャロームに送って、ひまわりオイルに加工されます。

ひまわりプロジェクトは、農家に休耕地をお借りして遠方のボランティアや地元の子供たちと一緒に初夏に種を植え、秋に種の収穫をし、他にもひまわりを使ったお楽しみ企画を行う年2回の企画となっております。 被災した畑にひまわりが元気に咲く姿は住民の勇気に繋がっています。

↓ひまPの活動の様子↓

●くるまぁと(旧)

「若林区とれたて野菜お届けショップ くるまぁと(以下、くるまぁと)」では津波被災から営農を再開された農家や農業法人から野菜を卸していただき、現在は毎週土曜日14:30〜16:30に荒井東市営住宅の敷地内で野菜販売をしています。

くるまぁとは2014年8月30日にオープンし、それ以降年末年始・お盆を除き毎週土曜日に営業しています。 りるまぁとは青葉区での販売を行っていた事をきっかけに、震災で被災した方たちの集団移転先となる荒井地域のコミュニティの活性化や、荒井と隣接する東部沿岸部の農村地域を地域で応援していく機運づくりなどを目的として「野菜販売を通して、人と人、地域と地域をつなぐ架け橋となる」のコンセプトとのもとにくるまぁとが始まりました。

オープンまでこのコンセプトに沿えるよう、移動販売用のトラックの装飾や、くるまぁとマーチの作曲、コミュニティスペースの用意など工夫を凝らしました。 初めは旧ボランティアハウス跡地にスタートし、周辺に住む方はもちろん、移転してきた方、車で通りがかった方などが来てくださいましたが、公営住宅のみなさんの要望が高まったこと、跡地に新しくアパートが建設されること等により、現在の営業場所になりました。

↓活動の様子↓

●出張りるまぁと

固定店舗のりるまぁとや荒井で営業しているくるまぁと以外にも、様々な場所で企画されたイベントに若林区の野菜を出張販売しています。 若林区外での野菜販売を通じて、仙台市内の広い範囲で若林区の魅力を発信していくことを目的として取り組んでいます。
・青葉通りカフェ(5月中旬)

青葉通りまちづくり協議会が主催となり、宮城こせがれネットワークと協力して、藤崎ファーストタワー前で開催されるオープンカフェです。 地場産品にこだわった飲み物やスイーツ、野菜が販売されます。 「仙台・青葉まつり」にあわせて開催されることから仙台市内外の多くの方がお越しくださり、より広域に若林区の魅力を発信する機会となっています。 りるまぁとは2014年から出店させて頂いており、2017年春も出店予定です。

・戦災復興支援市(7月上旬)

戦災復興展は、空襲の被害を受けた仙台の復興に尽力した人々へ感謝する場として、仙台空襲のあった7月10日の前後に、戦災復興記念館にて開催されます。 期間中には様々な企画が予定されており、東日本大震災で被災した方々による「復興支援市」も開催され、ReRootsも出店させて頂いています。 若林区の復興の現状を伝えるだけでなく、私たち自身も仙台市の過去について学ぶ貴重な場となっています。 りるまぁとは2013年から4年連続で出店させて頂いております。

・西公園あったかマルシェ(9月下旬)

日常生活を暮らす上で「あると嬉しい」、「あると楽しい」に出会える場づくりを目的としたイベントです。 このイベントは出店団体が多いのが特徴でした。 出店者同士が手作り感のある温かい雰囲気で、お客さんとは勿論のこと、他の出店団体とも交流が生まれました。 ReRootsは2014年のイベントの際に出店させていただきました。

・ガスフェア(10月下旬)

仙台市ガス局主催となり、毎年10月に仙台サンプラザホールにて開催されるイベントです。 最新のガス機器の展示や来場記念品がもらえるほか、復興マルシェのゾーンがあり、復興に関わる様々な団体が出店します。 3日間のイベントを通じて3万人もの方がいらっしゃるため、若林区のことをより多くの方に知ってもらうきっかけとなっています。 りるまぁとは2014年と2015年の2年間に渡り出店させて頂きました。
・シニアいきいきまつり(10月上旬)

仙台市高齢者生きがい健康祭(シニアいきいきまつり)は、毎年秋に、仙台市・仙台市高齢者生きがい健康祭実行委員会・当事業団の3者共催で開催されるイベントです。 高齢者が主体的に活動を行うサークルやグループ、高齢者を応援する団体によるブース出店やステージ発表があり、元気な高齢者の活気で溢れました。 ReRootsは2016年の10月に出店させていただきました。

・長町マルシェ(11月上旬)

地域の雑貨の販売や子どもたちのステージイベントなど企画が盛りだくさんなイベントです。 出張りるまぁとは青葉区での営業が多かったのですが、今回は初めて太白区長町での出店となりました。 お客さんは近所に住んでいる方が多く、普段若林区に関わることがない人にも若林区の魅力を知っていただける機会になりました。 2015年の10月に出店させていただきました。

・農業園芸センター

東日本大震災で被害を受けた農業園芸センターが、平成28年の4月29日にリニューアルオープンしました。 四季折々の花や植物を楽しめる花壇や植栽が新たに整備され、食と農の理解が深まるイベントが開催される拠点となります。 このオープンに合わせてリニューアルイベントが開催され、りるまぁとを出店させて頂きました。 若林区東部や荒井地区の方が多く来店し、地元で採れた野菜の魅力を感じてもらいました。
・けやきのさきマルシェ(11月中旬)

青葉通に新たなにぎわいや魅力を創り出すきっかけとして、青葉通りの緑陰空間を「まちのリビング=3rd LIVING」として、青葉通りにたたずみながら楽しむことを目指したイベントです。 青葉通りカフェを通じて知り合った青葉通まちづくり協議会の方からお誘いを受けて、参加させて頂きました。 青葉通り沿いは環境も交通の便も良く、スペースもあるので今回のようなイベントを定期的に開催していければという声もたくさんいただきました。

・モノ・つなぐ市(3月上旬)

モノ・つなぐ市は、埼玉県新座市にあるベーグルカフェ「輪粉」を経営している方が主催されたマルシェです。 輪粉さんは震災当時から瓦礫撤去のボランティア活動やツアー企画に参加していただき、ReRootsを応援してくださっています。 マルシェには輪粉さんからお誘いいただき、 2014年、2015年の開催の時にはお送りした野菜を輪粉さんに販売していただきました。 2016年の開催時にはReRootsスタッフも店頭に立って販売しました。 地元にお住まいの方たちや、りるサポ会員、ReRootsのブログを見た方などにもご来店いただき、仙台市若林区の復興の様子や野菜の魅力を多くの方に知っていただける機会になりました。

・ベーグルカフェ「輪粉」のHPは こちら(http://wako.webcrow.jp/

〇KANKAN店頭販売(2015年11月〜2016年7月)

当台公園近くの「缶詰バーKANKAN」の店頭の場所をお借りして、毎月第2土曜日と第4土曜日の12時30分〜15時30分で野菜販売を行っていました。 KANKAN(カンカン)は缶詰をメインにした料理を提供するバーで、野菜販売のほかにも、野菜を店舗に卸し実際に料理に若林区の野菜を使っていただきました。 KANKANは2016年7月末日をもって閉店したため、店頭販売も同時に終了しました。