Top>展望・政策提言
展望・政策提言
○今後の展望

若林区沿岸部では、農業を中心とした文化や生活が営まれてきました。 しかし、多くの農村と同じように、農業従事者数の減少、新規就農者不足、過疎化、高齢化などの問題を抱えていました。 そのような状況で2011年の東日本大震災の被害により、多くの住民が住宅を失い一時的に内陸移転しました。 農家の多くを占める高齢者は、職場である田畑が若林区沿岸部にあるため現地で生活を再建しましたが、都市部に職場を持つ若手は内陸に移転しました。 結果として地域の担い手となる若手が減り、過疎化・高齢化に拍車をかけました。 またそれにより、地域コミュニティの維持・形成する機能を持っていた祭りなどの地域のイベントや古くから受け継がれてきた文化を継承することが困難になりました。

また津波被災後、以前から行政が進めてきた農業の大規模化・六次産業化といった政策により、多くの法人が生まれました。 個人農家や家族経営から新しい営農方式の転換により、これからは、いかに新規就農者を獲得するか、地域の農業とそれを基盤とする文化、生活を存続させるかが課題となっています。

私たちは、行政の復興計画から、地域の農業や生活、コミュニティといった要素に対して生じうる問題を長期的な目線で予測し、復興、そして地域おこしに向けて活動しています。 また、私たちの活動が地域の現状に沿ったものであるか、今後の地域起こしに向けてどのような政策を立案すべきか判断するために、地域住民に対して定期的に聞き取り調査を行い、地域の声を聞いています。 2014年には聞き取った内容をまとめ、五年間の活動の指針を示した「復興五ヶ年計画」を提示しています。

現在は、地域おこし段階における政策立案のため、地域住民に聞いた声をもとに論点を整理し今後の方針を定めていく話し合いを進めています。

〇政策提言・中間報告

復興5か年計画政策提言2014年版

若林区調査報告書2014年

若林区の今後に向けて2012年版

若林区中間報告書2012年版