Top>活動紹介>販売>食のサークル作り

荒井での食のサークル作り

食のサロンって?

くるまぁとを営業している荒井地区は、若林区の東部沿岸部の農村地域と隣接しており、また市営地下鉄東西線の開業により荒井駅を中心に急速に再開発が進んでいる地域の一つです。 新興住宅やマンションの建設も進み、人口増加が著しいことも特徴です。 この地区で2014年に新設された荒井東市営住宅では、若林区沿岸や若林区外など様々な地域から入居者が集まっています。 そのため、住民同士の繋がりやまとまりはこれから作っていく必要があります。

目的

そこで、親しみやすい「食」と地域にある「農村文化」を生かしたイベントを行い住民同士の交流を深め企画への主体性を引き出していくことで地域コミュニティの創出を促すことを目指します。

2016年秋に開催した企画では、「地元の食と文化」をテーマに住民の方々に交流の楽しさと地元野菜のおいしさを実感していただき地域内の企画への関心を引き出すことを目的としました。 当日は農村ならではの”わら”を使ったわら細工体験で交流を深め、また、お昼には地元野菜を使った芋煮を振る舞いました。 地元の食に関する関心を引き出し、地元の魅力を再認識できる企画となっております。

2016年秋に開催した企画の当日の様子はこちらからご覧ください。

http://reroots.blog.shinobi.jp/Entry/2306/